• 副住職

法重寺はなまつり



昨日、自坊法重寺にて、はなまつりを初開催いたしました。


はなまつりとは、お釈迦さまのお誕生日をお祝いする仏教行事です。


本来4月8日がその日なのですが、となりの築地本願寺で開催されるはなまつりと同日の7日日曜日に開催することにしました。




本堂には、桜に囲まれた誕生仏をご安置しました。



阿弥陀如来という法(真理)が歴史的人物である釈迦として誕生した構図がわかる写真ですね。


まずは、重誓偈を読経し、引き続き、法話。



お釈迦さまのお言葉「法四依」より、「義によりて、語によらざれ」をテーマにしました。


お釈迦さまが晩年にお弟子方へ伝えたお言葉に、「法四依(ほうしえ)」という四つのメッセージがあります。その一つが、「義によりて、語によらざれ」(依義不依語)です。


言葉(語)によらず、その言葉に込められた意味(義)を依りどころとしていきなさい、というお諭しです。


お釈迦さまのご生涯に関する史料は乏しいですが、お弟子や後世の人々によって、いろいろな伝承が語り継がれています。


その釈尊伝のなかには、荒唐無稽なお話も少なくありません。


しかし、そのエピソード一つ一つには、私に向けられた大切なメッセージが説かれています。


一例をあげますと、お釈迦さまが生まれてすぐに7歩歩いた、というエピソードがあります。これは、六道という6つの迷いの境界を超えていく「7」という意味が込められています。


換言すれば、あらゆるいのちは、迷いのいのちではなく、さとりに向かっていく尊いいのちなんだ、というメッセージです。


本当に7歩あるいたかどうかの真偽は、どちらでもよいのです。


宗教学者の釈徹宗先生は、次のように述べています。

現代は「死に関する情報」であふれています。しかし、その一方で「死に関する物語」はどんどん貧弱になっているのではないか

(https://www.kinokuniya.co.jp/c/20150930134224.html より引用)

お経や仏教書には、さまざまな「死に関する物語」が説かれています。

なかには、現代人の感覚にはマッチしないエピソードや、いささか大袈裟な表現も含まれています。


とくに、お弟子方が師のご生涯を綴った伝記類には、それが顕著です。


しかし、言葉(語)だけでその真偽を判断するのではなく、そこに込められた教えや意味(義)をたずねていくところに、現代人に必要な姿勢・態度があるのではないでしょうか。


このように、一見「荒唐無稽だ」と思われる宗教的エピソードも、それが「私の人生の物語だ」とたずねていくところに、現代人が成長していくべき要素があるのでは、と思うのです。


そんなことを、お釈迦さまのお言葉「義によりて、語によらざれ」から考えさせていただきました。


さて、法話ののちは、Nayu先生によるハーバリウムペンつくり!




細かい作業が苦手なわたしでも、下手なりになんとか作れました。




ハーバリウム教室はいま注目の習い事で、人気を集めています。


自坊でも教室をおこなっていますので、ぜひご参加ください。


詳細はこちら↓

https://docs.wixstatic.com/ugd/690cde_e5ce93d5197143078a929940a5c9d799.pdf


はなまつりは来年も開催いたします。


参加くださった方々、激励くださった方々、有難うございました!



『築地本願寺の隣のお寺、法重寺」


#はなまつり #義によりて語によらざれ #法四依 #築地 #ハーバリウム



​村松山 法重寺

​浄土真宗 本願寺派

​東京都中央区築地3-17-10 

【日比谷線 築地駅より徒歩3分・晴海通り沿い】 

  Tel: 03-3541-0947 FAX:03-3541-0985

  Email: tsukiji.hojyuji@gmail.com

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • YouTubeの - ホワイト丸

​お問い合わせ

​定期的に更新中♪

Copyright © 法重寺 All rights reserved. 

文章および画像,映像など一切の利用及び転載を禁じます。